工務店の仕事「住宅リフォーム」の種類・バリアフリーや耐震補強

住宅のリフォームは、不具合がある箇所の原状回復を目的として行われる作業です。リノベーションは、機能や暮らしやすさの向上を目的に行われる全体的な改修作業です。現在ではリフォームという場合でも、リノベーションに近い形で行われることが多いようです。

住宅のリフォーム

リフォーム作業

住宅のリフォームは、築年数が経過したことで疲れが見えてきたり、不具合が出てきたりしている箇所を元の状態に戻す、もしくは正しく機能する状態に戻す原状回復を目的とする作業です。リフォームという言葉は、最近では衣服などにも使われるようになりましたが、実は日本で生まれた和製英語だそうです。

(リフォーム - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0

もう一度、新品同様に作り直すという意味合いがあるようですが、日本人らしい言葉の使い方ですね。

リフォームとリノベーションは違うのか?

リフォームとリノベーションには、特にそれらを規定する法律やルールはありません。しかしこれまで、だいたいこんな感じの使われ方だったはずです。

「リフォームは原状回復のための修理」

「リノベーションは、修理というよりは、付加価値の付いた再生作業」

ただ、これらも人により、業者により使い方には違いがあります。そう、今まではなんとなくの定義はあった二つの言葉ですが、人それぞれ理解や受け取り方には違いがあったのです。

リフォーム業者

かわいい色の家

住宅のリフォームはどこにお願いすればいいのでしょうか?住宅や建築業界に常に関わりのある人ならまだしも、普通に暮らしていると、意外にどんな業者に頼めばいいのかわからないものです。

地元で探す

リフォームをお願いする際、その業者は地元で探すようにするといいでしょう。地元で業者を選ぶ理由はズバリ、近いからです!地元でリフォーム業者を探すことには理由があります。

一番の理由はアフターサービスです。リフォームやリノベーションは、大がかりな作業になることもあります。何か施工後に不具合が発生した場合でも、地元の業者であればすぐに対応してくれます。たとえば浜松市に自宅があるなら、浜松市内や静岡県内の近隣市町村にある業者さんを選ぶといいでしょう。

現在はインターネットの時代。インターネットにはリフォームを行っている業者さんの情報が多く掲載されています。リフォーム業者は以前よりも探しやすくなっていますが、やはりアフターサービスのことを考えると地元の工務店やリフォーム店にお願いするのがベストでしょう。

主な住宅リフォーム

家の形をした鳥かご

住宅リフォームは、住宅の特定箇所の原状回復という意味合いが強い作業です。主な住宅リフォームには以下のようなものがあります。

設備の交換や補修作業

住宅における、台所やバスルーム、トイレなどの補修作業です。水まわりは環境的にもどうしても傷みやすい箇所ですので、寿命が近づいてきたら、なるべく早めに交換・補修した方がいいでしょう。

屋根の修理

屋根には寿命がありますので、専門家に依頼して定期的な診断を受けると同時に、寿命が近づいたら葺き替え工事等を行うといいでしょう。雨漏りなどが発生している状態であれば、大至急、行動する必要があります。

外壁の張り替え補修

外壁も屋根同様、剥がれたり、ひび割れたりしますので、定期的に点検、補修が必要になります。

増築・改築

増築や改築といった、現状の住宅を大きくしたり、間取りを変更したりする作業も住宅リフォームです。

オール電化・オールガス

電気とガスを併用する現状から、すべてを電化に切り替える「オール電化」。また、ガスをメインに電気を併用する「オールガス」への切り替えも住宅リフォームのひとつです。「オールガス」はガスを燃やすことで発電も行いますが、「オールガス」とは言え、電気の力も借りています。「オール電化」にしても「オールガス」にしても、光熱費の節約になることは間違いありませんので、エコが求められる時代、まっさきに考慮したいリフォームでもあります。

これからの日本に求められる住宅リフォーム

徳利に桜の花

日本はご存じのように自然災害とは切っても切れない環境にあります。また、少子高齢化社会は今後も進行していきます。現在、日本が置かれている現状に即した住宅リフォームが切実に求められています。

バリアフリー住宅

マイホームを手に入れて20年、30年という時が流れると、当然ながら人間も歳を重ねていきます。完全に少子高齢化社会のまっただ中にいる日本。多くの高齢者の方が、自分の建てた家の造りに苦労しているという現状があります。家の中のちょっとした段差、急な階段、お風呂の段差。若い頃には気にならなかったことが、歳をとることで生活の障害となることがあるのです。

数十年前に新興住宅地と呼ばれた地区では現在、多くの家で、玄関に手すりが取り付けられています。歳をとって体が思うように動かなくなる。これは避けようのないことであり、家族の負担を最小限にするためにも、住宅のバリアフリー化が求められるところです。車椅子でアクセス可能なスロープや宅内へ階段昇降機を設置するなどのバリアフリー化は、今、もっとも日本に求められているリフォームのひとつでしょう。

耐震補強工事

2011年に発生した東日本大震災以降、日本では震度6強を記録するような強い地震が毎年のように発生しています。首都圏直下型地震や東南海地震の危険が切迫しているとも言われています。また、地震だけでなく、台風、局地的な豪雨による洪水や土砂崩れなど、どうしてこうも立て続けに災害が起きるのか、と嘆きたくなるほどに日本では災害が多発しています。

特に耐震リフォームの必要性は切迫しています。地震の揺れは、その建物が建てられている地盤の状況にも大きく影響されます。現在、耐震リフォームとしてよく行われているのは以下のような作業です。

木造住宅の柱や土台修繕

古い建物の柱や土台は、腐食して本来の耐震性が失われていることがあります。腐食の状況により交換や修繕などの処置をとります。

基礎補強

古いコンクリートの建造物は、その基礎に鉄筋が使われていない場合があります。このような場合、大地震には耐えられない可能性が高いため、鉄筋コンクリートを使って補強工事を行います。

壁面補強

壁面の補強も地震対策として有効です。古い木造やプレハブ造りの建物の壁は、シンプルな間仕切りでできている場合がありますが、この壁を補強することにより、特に横揺れに対して強さを持たせます。

屋根の葺き替え

昔ながらの瓦屋根には良さもありますが、重量があることが欠点です。屋根が重いことで、大きな揺れが発生した場合、建物が倒れる危険性が増します。屋根を軽量のスレート屋根などにリフォームすることで建物の耐震性は向上します。

地震列島日本の住宅リフォーム

国の中心地であり、2020年には夏期オリンピックが開かれる東京。いつ起こってもおかしくないと言われ続ける東海地震の静岡県。大阪でも大地震が発生し、北海道や九州でも地震により多数の犠牲者が出ました。住宅リフォームは現在、日本においては原状回復以上の意味を持つものになっています。

リノベーションに近づくリフォーム

山の中にあるモダン和の家

リフォームとリノベーションは、似たような意味合いを持つ言葉として共存してきました。元々は原状回復が目的だったリフォームも、現在ではそれに何らかの効果がプラスアルファされた作業になっています。リフォームにしてもリノベーションにしても、小さな作業ではありません。お住まいの地域にある工務店と良い関係を築いておくことで、将来的にも安心して暮らすことができるでしょう。